出っ歯が治らない!?再治療の方法はあるの?

歯列矯正を始める前の歯並びと比べると、ずいぶんマシになったのですが

なぜかいまだに出っ歯が治らなくて悩んでいます。

 

口元がキレイにならずモッコリ感が消えない・・・。

 

歯列矯正は自費治療なので、費用は100万円近くかかっています。

パートで一人暮らしをしている私だと苦しい費用ですが、

ローンを組むことでそれが実現できています。

普通にローンを組むよりは、安い金利になっているので

パートで一人暮らしの私でも歯列矯正をすることができました♡

多額のお金がかかっているからこそ、仕上がりも満足できるものにしたい!

悩みから解放されたい!これが、やはり本音であり希望でもあります。

出っ歯を治すための治療法がある!?

非抜歯矯正をした方で出っ歯が治らない人は、

他院で、抜歯を伴う再矯正を行うことにより、

素晴らしい結果を手に入れた方はたくさん見掛けます。

でも、抜歯を行って治療をした結果出っ歯が治らない人は

ネットの矯正相談をみても、再治療はなかなか難しいと言われているのをよく見かけます。

それを見るたびに、私も諦めた方がいいのかな・・・。

と落ち込んだ気持ちになっていました。

そんな時に見つけたのが、ある医師が書いていた治療法であるアンカースクリューのこと。

 

『口元には、前歯の前後による変化と、前歯の歯の長さの変化が影響する。

前歯が伸びると下顎のオトガイが下がり口元が出た感じが取れません。』

『出っ歯の改善が少ないケースは、前歯が長くなり下顎が後退している

ケースが多いです。これを改善するためには、アンカースクリューによる

上前歯の上方移動によって下顔面を短くすると出っ歯が改善します。』

 

私の現状の歯並びは、前歯が長くなり下顎が下がっているのです!!

こ、これは私に当てはまるんじゃないの!?

アンカースクリューを使った顎のオートローテーションが、

おこる治療法が他にもあるんだということを知りました。

奥歯の圧下はできなくてとても残念だったけど・・・。

この治療法なら、今からでもできるかもしれない!!

少しの希望が見えてきました。(*^-^*)

 

しかし、専門医を2件訪ねましたが、残念ながらこの治療法は行っていませんでした。

今住んでいる地域には、その治療をしてくれる医師はいないのかも。。。。

東京や大阪なんかは、見た目の仕上りにもこだわった治療をしてくれる矯正歯科も

たくさん見掛けるけど・・・。

アンカースクリューについてメール相談をしてみました。

そんな時に地元である矯正専門医のメール相談が目に止まりました。

(どうせダメだろう。)

と思いつつもメール相談をしてみることにしました。

するとこんな返信がありました。

 

メール相談で回答していただきました
症状には千差万別ありますので、
その治療が絶対に可能であるということは言えないのが現状ではあります。
(その治療が可能である状態であるかどうかは、
ネット上で解らないことがあります)

矯正用アンカースクリューによって、
昔は動かすことが出来なくなった方向へ歯を動かすことが
可能になってきました。
例えば、上の顎に生えている歯を上の方向に引っ張るなどです。

一方で、歯は骨の中に無いといけないのですが、
引っ張る際に,骨から歯が出てしまう場合などもあったりします。
(骨が薄いなどにより)

ですので、スクリューがあったとしても、
歯を動かすには限界があり、コンピューターCGや模型などで、
考える様にどこまでも動かせるというものとは少し違います。

恐らく貴方様の顔の特徴としては、
下の顎が後方に下がっているタイプの上顎前突かと思います。
下の顎が下がっていることと、オトガイと呼ばれる部分が、
(ボクシングなどではチンとも呼ばれる下の顎の一番前の部分)
芸能人のザキヤマみたいに発達しておらず、
少しなだらかになっていると予想します。

論文、報告によると、このタイプの場合、
前歯を後方に動かして唇を後ろに下げたとしても、
横顔についての悩み解決の満足度は小さいと言われております。
(それはオトガイの少なさによるものが大きいです)

ですので、解決するには、オトガイが前に出るという現象が必要になります。

成長期においては、下の顎が成長するのを促進させること、
成人期においては、外科手術を併用すること、
となっておりましたが、成人期においてもスクリューを利用して
改善しようという治療が出てきました。

さて、現在ですが、咬み合わせがあってきているとのことですので、
ここから、スクリューを入れて治療を行うと
もう少し時間がかかるようになると思います。
上の歯が動いた分、下の歯を動かす必要があるからです。

そしてそれをしたことにより、
満足いく結果を手にできるかは、
やってみないと解らないと答えるしかない気はします。

質問の内容に解決の返事を書きたいとは思いましたが、
余計悩ませる感じになったかもしれません。
ご容赦願います。

 

丁寧な返信をしてくださりとても感動しました。

そして、私がやりたい治療ができる医師なのだなということも

この内容から感じました。

 

悩んでいても仕方ないので、とにかく相談に!結果は?

3回目の矯正相談の予約をして、治療の相談をしました。

今回の専門医は、難しいことを分かりやすく例えて教えていただきました。

気さくな話しやすい感じの医師だったので、疑問に思ったことや現状の不満を

私も遠慮なく聞くことができました。

(この医師に治療をしてもらいたかったなぁ・・・。)

矯正治療を受けるなら、

医師との相性も大事だとよく書かれている意味がこの時わかりました。

実際に現状の歯の様子を見てもらい結果は・・・というと。

 

”右側の前歯が下の前歯にあたっているから、

その治療を行っても顎のオートローテーションが望めない。”

”歯の上にある空洞の部分が下がりすぎているから、

(←ここは専門用語で言われたのですが、忘れました(>_<))

歯が骨から飛び出してしまうかもしれない”

 

この治療をやって、今キレイな歯並びを保っているものが

一気にくずれて悪化してしまう可能性があると指摘されました。

私の歯並びは、かなり難しい症例でこれを治せる医師は日本だと

10人くらいしかいないよと言われたのです。(>_<)

ここまでキレイに治療が出来てるのでお金をかけただけの費用対効果が

充分にあったと思います。と言われた時、

私は、これ以上の治療を諦めることにしました。。。。

まとめ

3回目の専門医での矯正診断をすることによって、出っ歯はこれ以上は治せないことが

わかりました。

出っ歯が気になるからと言って、下げ過ぎると歯が見えにくくなり、

老け顔になってしまうこともあるそうです。

私は、上顎は出っ歯ではないけど下顎が下がっているため出っ歯に見えてしまう

損なタイプでした。

顎の位置を治さない限りこれ以上を望むのはムリそうです。

出っ歯を治せなかったのは、とても残念でショックだったのですが、

できない理由がわかりようやく納得することができました。

同じような悩みを持つ人には、この結果はガッカリしたものだと思います。

ただ、骨格も歯並びもひとりひとり違います。

私にはできなかったことが、あなたにはできるかもしれません。

3件の専門医に相談にいって感じたことは、

治療のやり方や考え方が医師によって随分違うことです。

医師選びや適切な治療ができるかで、仕上がりが変わってくるのです。

最初に相談した専門医の医師が、言っていました。

矯正相談は、最低でも5件くらいは行った方がいいですよ。と。

 

 

おすすめの記事