私って顎変形症だったの? 保険適用で矯正治療できたかもしれない

開咬+出っ歯の治療は、はじめてから1年8か月が経ちました。

順調?かと思っていたのですが、なんだか雲行きが怪しい。。

 

矯正をはじめて1年をすぎたころから、

何度も鏡を見ることが増えてきました。

 

前から見てみたり、横顔を見てみたり。

出っ歯だった前歯は確かに下がって、歯もきれいに並んでいる。

嚙み合わせもどんどん良くなってきている。

でも、なぜか、口元のもっこり感がなくならない

まだ、もう少し歯が出ている見た目。

 

口を自然に閉じられるようになることが理想だったけど・・・。

治療前よりは、楽になったものの

なぜか口を閉じるのが、まだ難しく感じる。

オトガイは、まだ梅干し顎のまま。

口を閉じると口周りの緊張がやっぱりでてくる。

下唇に前歯が当たって気になるけど・・・。

 

なんで?? これが普通なのかな?

 

スポンサーリンク

私、顎変形症だったの?

もう、ほとんど歯列矯正は、微調整に入っているというので

私の現在、気になっていることを主治医に聞いてみました。

 

以前からきになっている状態を訴えてみたのですが・・・・・。

『前歯が少し長いので、短くするようにしたら

オトガイが前にでてくるようになる』

『希望にできるだけ近づけるようにします。』

と返答してもらいました。

 

あれから、数か月。

 

口周りの変化はなく、相変わらず口元はモッコリとしている。

オトガイのシワもそのまま。

もう、微調整と言うのだから、

これ以上の変化は、望めないと自ら悟ってしまいました。( ;∀;)

それでも、まだ納得がいかない。

もう少しできることがあるかもしれないと思い、再度聞いてみました。

 

主治医から出た言葉は、

『顎の位置が悪いから、矯正治療ではこれが限界です。

手術しないでで治せる範囲です』

と言われたのです。

もしかして、私って顎変形症なの!?

 

矯正診断をしたときにそんなこと、一言も言わなかったのに

今更言われても・・・。

顎変形症と診断されると保険が適用される

顎変形症って、自分にはまったく関係のないことだと思っていただけに

顎に問題があると言われて、動揺をかくせません。

他の矯正歯科にいった時にも、顎変形症とは言われたことがないのに・・?

”顎変形症は、顎が上下・左右・前後に大きくずれている症状をいいます。”

歯科矯正治療は保険適用外ですが、この顎変形症と診断された場合は

健康保険が適用されることになるんです。

でも、これには条件があります。

顎口腔機能診断施設に指定されている医療機関で、

顎変形症と認められること。

そして、顎の外科手術をともなった歯列矯正をしなくてはいけないのです。

疑問に思ったので矯正専門医を訪ねてみた

歯並びと嚙み合わせはとてもきれいにはなっている現在の歯並び。

せっかくここまで高額なお金をかけて、口元がきれいにならないのは

うれしさもかなり半減してしまう。

いや、悲しくなってしまった・・・・・。

 

専門医(顎口腔機能診断施設に指定されている医療機関)の先生に、

これまでのいきさつを話し、口の中を見てもらう。

やはり、顎変形症と診断されてしまいました。(´;ω;`)ウッ…

 

医師:『今の矯正が終わってから、どうするか考えればいいよ。』

専門医の先生にそう言われたのです。

私:『手術するなら保険はきくんですか?』

医師:『歯並びがきれいになっているから、もう保険では治せないよ』

私:『えっ? じゃあ費用はどれくらいかかるんですか?』

医師:『200万くらいかかると思います。』

私:『・・・・・・・・』

 

パートで一人暮らしで、やりたかったことも我慢して

歯列矯正のために費用をためてきたのに・・・。

もう、そんな余力はないから・・・。

手術という選択は私の中からは消えてしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

顎変形症と診断されると保険適用がされるので、

費用も通常よりかなり安くできることがわかりました。

顎変形症と言われる症例は、

・上顎前突症・下顎前突症・顔面非対称症・開咬症・過蓋咬合症が該当します。

私は骨格性開咬症だったようです。

 

矯正診断の時に顎に問題があるから手術しないときれいに治らないと

言われていれば、外科手術を視野にいれたかもしれません。

今は、その選択をしたくても、あまりの高額な金額のため出来なくなってしまいました。

 

歯列矯正を受けるために、

いくつかの治療の選択ができるようにしてくれるところがいいと思います。

それぞれのメリット・デメリットを聞いて

自分がどの方法で治療を受けるのかを選択する。

その方が、納得して治療をうけることができ、

後悔をすることもなかったんじゃないかなと思います。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事