深刻なたるみやシワに悩んだら!卵殻膜が肌のハリ取り戻す♡

”肌のハリや弾力がない”

そのせいで、久しぶりに会う友人たちから

いつも決まって言われることが・・・・。

『瘦せたみたいだけど大丈夫?』です。これ、必ず言われます(*_*;

しかし、実際には私は痩せてなんかいません。(笑)

痩せた=老けた  (*_*;

肌のハリや弾力が失われてきたため

やつれて老けた印象を与えていたようなのです。

歯列矯正をしてキレイになりたい!と思っていたのですが、

止めた方がいいのかな?

 

こんな肌の状態で歯列矯正をするともっと老けて悲惨になってしまうのではないか?

頭によぎるのは、マイナスのイメージばかり。

”いやいや、絶対に肌のハリを取り戻したい!”と思っていたときに

偶然出会ったのが卵殻膜の化粧品です。

歯列矯正をしている真っ只中ですが、骸骨のような顔になることはなく

前よりもモチモチふっくらとした肌でいられるようになりました♡

 

20代から現在に至るまでに・・いろいろありました。

若い時は、いつも肌を褒められていました。

20代前半で結婚をし、3人の年子の息子たちを抱えながら仕事と家事を

両立させていました。が

寝る時間もままならず、常に睡眠不足。

旦那さんの家事の協力がまったくないので、とにかく大忙しでした。

実家も県外だったので、すべてを一人で抱え込み、

自分の美容のための時間やお金が、当然使えるわけもありません。

 

友人たちと写真をとっても、私だけ疲れて見えるし不機嫌そうに見える。。。

そんな自分を目の当たりにして、なんとかしなければと思っても

年齢より老けて見える自分を改善することができずにいました。

 

そして、40代になった時に離婚をしました。

子供たちも成人して働くようになり、一人立ちをしました。

自分の時間を持てるようになった時、改めて自分の肌を見て落胆。。

肌のハリや弾力が失われ、ほうれい線も現れてたるみが酷くなっていました。

おまけに肝斑やシミまでも。(´;ω;`)ウッ…

 

(このままじゃマズイ!)

 

それから、エイジングケアにいいと言われる化粧品をいろいろ試してみました。

でも、残念ながら自分が望んでいた効果を感じることができなかったのです。

しかも高価。ずっと使い続けるなんてとてもムリ。。。

 

そんな時でした。

たまたまネットで見かけた卵殻膜の化粧品が

口コミでいいと言われていることを知りました。

 

パートで一人暮らしをしている私でも、なんとか続けることができそうな価格。

なによりも魅力的だったのが”Ⅲ型コラーゲン”を補うことができること。

半信半疑ながらも試してみることにしました。^^

 

そもそも、肌のハリや弾力が失われる原因は?

肌のハリや弾力は、コラーゲンとエラスチンが作っています。

コラーゲンは、体の中のたんぱく質の30%をしめていて、

肌のコラーゲンが多いと、みずみずしいハリのある肌になります。

エラスチンは真皮に多く存在していて、肌の伸縮を元に戻す働きをし

弾力性のある肌を作っています。

年齢を重ねていくと、コラーゲンやエラスチンが減少していきます。

肌のハリや弾力が失われる原因に、加齢は大きな影響があるのですが・・・。

それだけではありません。

紫外線の影響や体内の糖化、水分不足の影響も大きな原因になります。

歳をとるのは仕方がないのかもしれませんが、

不要な老化をさけて老化スピードを遅らせることも大切です。

 

卵殻膜で美肌力を底上げ!卵殻膜の効果は?

卵殻膜と言われてもピンとこないかもしれませんね。

卵の殻の内側にうすい白い膜がありますが、

卵殻膜はその薄い膜のことを言います。

私が卵殻膜の美容液をどうしても使ってみたいと思ったのが

2つの大きな特徴があるからです。

 

Ⅲ型コラーゲンが肌のハリや弾力をつくる

肌のハリにはコラーゲンが大切ですが、コラーゲンには、増やしていいコラーゲンと

増やしすぎが良くないコラーゲンがあります。

増やしすぎが良くないコラーゲンは、Ⅰ型コラーゲン。

繊維が太くて硬く、しかも保湿力が弱いのが特徴です。

Ⅰ型コラーゲンが増えすぎてしまうと、肌のハリや弾力が失われてしまいます。

肌のハリや弾力を取り戻すために、増やしたいコラーゲンはⅢ型コラーゲンです。

このコラーゲンは、ベビーコラーゲンとも呼ばれています。

赤ちゃんの肌を思い出してみてください。

プルプルとしたみずみずしい肌ですね。

Ⅲ型コラーゲンが多く肌に含まれているため、

あのプルプルで柔らかい肌をつくることが出来ているんです。

Ⅲ型コラーゲンは、繊維が細くて柔らかいので保湿力も抜群です。

卵殻膜を肌に補うと、線維芽細胞が活発になりⅢ型コラーゲンをつくりだします。

Ⅲ型コラーゲンが少なくなった大人の肌が、内側からふっくらとします。

 

美肌成分、シスチンが豊富に含まれている

卵殻膜には、美肌効果が期待できるシスチンが含まれています。

人の肌に近い18種類のアミノ酸が豊富に含まれているのですが、

その中でも、『シスチン』が断トツに含まれているんです。

他の食品と比べてみても、シスチンの含有量は群を抜いています。

シスチンは、体の中に入るとL-システインに変化をします。

シミや美白効果がある化粧品に使われていることが多い成分で

メラニン色素の生成を抑えて、体の外へと排出してくれる効果が期待できます。

シミのない透明感のある肌へと導いてくれます。

 

年齢肌を諦めなくてもいい!肌のハリを取り戻す♡

現在、アラフィフになっているので、肌の悩みは、いろいろ抱え込んでいます(笑)

20代のころは、毛穴の黒ずみや肌の乾燥が気になりはじめ

30代になってくると、毛穴の開きやシミが気になるように。

40代では、シミが多くなり50代になると

シミやシワ、ハリや弾力のなさで悩むようになりました。

 

歳を重ねると、肌悩みもどんどん深刻になっていきますね。

 

卵殻膜の化粧品を使い始めて2年ですが、肌ツヤがとても良くなり

ふっくらとしてきました。

さすがに20代とはいきませんが、友人に会っても

『痩せた?』とは言われたことがありません。(やったー!)

 

卵殻膜の化粧品を使って、すぐに効果を実感できたのは

肌ツヤが良くなって毛穴が目立たなくなること。

おかげでファンデーションのノリがすごく良くなりました。

 

肌のハリや弾力は、なかなか効果が出にくかったのですが

半年くらいたったころから、少しずつハリを感じるようになりました。

今では、指でおした肌が跳ね返ってくる♡

やはり年齢を重ねているので、根気よく使い続けていたことが

良い結果を得ることが出来たんだと思います。

 

まとめ

肌のハリや弾力で悩んでいた私が出会ってよかった化粧品です。

気が多い私は、良さそうと思った化粧品はすぐに試したくなるのですが、

卵殻膜の化粧品だけは、やめることができません。

また、元の肌に逆戻りするのではないか?と思うと

怖くてやめることができないのです。

大げさ!と思われるかもしれませんが、それくらい長い時間をかけて

肌が改善されてきたのです。

線維芽細胞を元気にしてくれる卵殻膜で、肌のハリを取り戻して

ぷるぷるっなお肌を実感してみてくださいね。

おすすめの記事