初めての歯列矯正!費用について最低限知っておくべきこと

矯正をやろうと決めたものの・・・。

バツイチでパート一人暮らしの私が、矯正費用を払いながら生活できるのか!?

矯正の費用は、自費診療のため高額なのはわかっています。

コンプレックスを解消したい思いと生活を考えてしまうとやめたほうがいいのか?

ずいぶん迷いました。でも、相談にいって良かった!

自分がどうしたいのか心が決まりました♡

 

歯列矯正をはじめるまでの流れ

私が、最初に矯正相談にいった医院は、裏側矯正の専門医院でした。

矯正相談を受ける時は、前もって予約する必要があります。

 

相談(カウセリング)

精  密  検  査

  診    断  

 

予約した当日に

レントゲンやセファロなどの精密検査を行いました。

前からの顔の写真や横顔の写真もとり、

治療をすすめていくと最終的にはこうなるだろうという

顔のシュミレーションも見せていただきました。(*^-^*)

この時にしっかりと

 

矯正治療について不安に思うことや、わからないことを確認しました。

もちろん費用についての説明もしっかりとあります。

 

相談&精密検査を同時に行ったので、

2時間くらいの時間がかかり結構疲れました。

2件目の矯正医院は、1日目に矯正相談。2日目に精密検査、3日目に診断と

3日間の日数が必要でした。(仕事を早退しました( ;∀;))

 

精密検査は、レントゲンとセファロを行い、これからどのように治療するか

診断結果がでるまでに2週間くらいかかりました。

結構、長かった。。。( ;∀;)

矯正治療をはじめるにあたって大切なことがあります。

矯正治療は、虫歯や歯周病があると治療ができません。

虫歯や歯周病が悪化していたら治療を行い、完治させてから

はじめて矯正治療がスタートします。

私は2件目の矯正医院で治療をすることにしたので、

最初の矯正相談から矯正治療の開始までは、2か月近くかかりました。

虫歯の治療もあったので(-_-;)

虫歯や歯周病などの治療がないと、もっと早く治療を進めていけると思います。

スポンサーリンク

歯列矯正の費用は、2パターンある

さて、治療の流れがなんとなくつかめてきたと思いますが、

気になるのが歯列矯正の費用。

歯列矯正でも保険治療でできるものがありますが、

自費治療で治す方が圧倒的に多いのかなと思います。

総額制での支払い

精密検査を行ってからの診断で決定される費用は、

治療がはじまってから終わるまでの総額での支払いになる医院です。

私は、裏側矯正で総額130万円かかると言われました。

これ以外は何もかかりません。毎月の調整料もすべて含まれた金額です。

だから、治療が予定よりも長引いてしまう場合も追加の金額は一切かからないそうです。

メリットは、治療が長引いても追加金額がかかることはない。

デメリットは、予定よりも早く治療が終わりそうでも、減額をされることはない。

基本料金+調整費用での支払い

2件目の矯正医院がこのタイプでした。

基本料金と、毎月の調整料は別に払っていきます。

料金に関しては、医院によってかなり違ってくるのですが、

私が選んだ矯正歯科では

歯の治療の難易度によって基本料金が定められています。

簡単な症例は30万・ふつうの症例は50万・難易度が高いものは70万と

決まっていました。

私の歯並びは、難易度が高いので70万の基本料金を払いました。( ;∀;)

そして、調整料は5000円です。

3週間に1回5000円を支払います。

ただ、この医院では20回を超えると調整料は1000円となりかなり安くなります。

スポンサーリンク

相談料や精密検査費用は?

相談料やカウセリングを無料で行っているところと

有料で行っているところがあります。

また精密検査についても同様です。

精密検査費用は、有料だと1万~7万程度の費用がかかります。

これは検査内容により異なります。

歯列矯正は自由診療なので、精密検査も保険がきかないので注意が必要です。

料金については、あらかじめホームページを見たり

矯正相談にいった時にしっかりと料金について確認をする必要があります。

スポンサーリンク

矯正費用の支払い方法は?

矯正をすることが決まったら、

費用の支払いをどのようにするか決めなければなりません。

裏側矯正歯科の専門医に話を聞いた時には、

調整をしに来た時に、3万円を現金で支払いをしてくださいと言われました。

今通っているところでは、基本料金の半分を最初に入金をし、

残りは1年以内に払う必要がありました。

そこの医院には、デンタルローンの紹介があったので

残り半分の基本料金は、ローンで支払うことにしました。

(医院では自分でローン会社に電話するように言われたので、自分でローンを組みました。)

これに限らず、支払い方法は医院によって異なるので確認が必要です。

まとめ

矯正費用は、歯並びの悪さの度合い・使う装置の違い・使うブラケットの種類によっても

ずいぶん費用が変わってきます。

私も本当は、裏側矯正をして人に知られずにやりたかったのですが・・・。

130万もかかってしまうので断念しました。

表側矯正と比べると、裏側矯正はかなり割高になってしまいます。

でも、費用が高額だからといって諦める必要はありません。

矯正歯科によっては、分割での支払いやデンタルローンに対応してくれるところもありあます。

お金がかかっても、それに値するまたそれ以上の価値があります。

もう悩まなくていい!コンプレックスが改善できると自然と気持ちも明るく前向きになります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事